子ども医療費助成制度 [0歳から中学生までの子どもが対象]

<平成27年7月から、制度を拡充しています>

 これまで、就学前児童を対象に医療証を発行して入院費・通院費を助成し、小学生を対象に償還払いにより入院費を助成してきた「乳幼児等医療費助成制度」について、平成27年7月1日から次のとおり制度を変更し、対象者を拡大しています。

  1. 制度名(医療証名)を「子ども医療費助成制度」(子ども医療証)に変更
  2. 通院費助成を小学校6年生までに拡大(医療証を発行)
  3. 中学生に対する入院費助成(償還払い)を創設
 

対象者・助成内容 

  • 0歳から小学校6年生 [平成27年7月から、小学生を通院費助成の対象に追加]
    • 対象年齢
      • 0歳から12歳到達後の最初の3月末までの児童
      • 所得制限なし
    • 助成内容
      • 申請により「子ども医療証」を交付し、入院費(食事代)を含む)、通院費を助成します。
      • 医療証は、12歳到達後の最初の3月末まで有効
  • 中学生 [平成27年7月から、入院費助成の対象に追加]
    • 対象年齢
      • 中学校1年生から3年生(12歳到達後の最初の4月1日から15歳到達後の最初の3月末まで)
      • 所得制限なし
    • 助成内容
      • 「償還払い」により入院費(食事代を含む)を助成します。
      • 中学生には医療証は発行しません。入院費が生じたときに、償還払い(還付請求)の申請をしてください。

<対象外となるかた>

対象年齢の児童のうち、生活保護受給者、障害者医療証またはひとり親家庭医療証の所持者、児童養護施設の入所者は、他の制度で医療費の公費負担が受けられるため、対象から除きます。

 

申請方法 

<医療証の交付を受ける場合>

  • 出生や転入などにより制度の対象となったときに、「子ども医療証」の交付申請をしてください。
    • 【医療証の交付申請に必要なもの】
      • 医療証交付申請書 [様式第1号]
        • (福祉推進課窓口に備え付けているほか、このページからもダウンロード可)
      • 健康保険証
        • (対象となる児童が加入または加入予定のもの)
      • 印鑑

(注意) 郵送での提出も可能です。その場合、医療証交付申請書に記入・押印のうえ、健康保険証のコピーを添えて福祉推進課まで郵送してください。

  • 【医療証の使いかた】
    • 大阪府内の医療機関を受診する場合
      • 医療機関の窓口で、健康保険証と「医療証」を提示すると、1医療機関あたり1日500円限度の一部自己負担金を支払うことで医療が受けられます。
    • 大阪府外の医療機関を受診する場合
      • 大阪府外では医療機関窓口での助成は受けられませんので、いったん医療機関に費用を支払い、翌月以降に「償還払い」の申請をしてください。
 

<償還払いを申請する場合>

  • 大阪府外の医療機関を受診したとき
  • 治療用装具(コルセットなど)を作ったとき
    • (加入する健康保険での手続きも必要です)
  • 医療証の交付前に受診したとき
  • 医療証を提示せずに受診したとき
  • 一部自己負担金の合計が月2,500円を超え、超過分の払い戻しを受けるとき
  • 中学生が入院したとき(平成27年7月受診分から)
    • 中学生の入院費助成は、償還払いのみでの対応となります。

<償還払いの申請の流れ>

  1. 医療機関でいったん医療費(自己負担分)を支払った後、翌月以降に、月単位でまとめて「償還払い」の申請をしてください。償還払いの請求期限は、医療機関等への支払日の翌日以降5年です。ただし、高額療養費等を保険者(健康保険組合等)に請求する場合は、請求できる期間が別途定められていますので、各保険者へご確認ください。
  2.  申請月の翌月末に、指定した口座に助成額(一部自己負担金、高額療養費、附加給付を除いた額)を振り込みます。(ただし、医療費が高額にかかった場合等は、振込が遅くなることがあります。)

 

 【償還払いの申請に必要なもの】

  • 医療費助成(償還払い)申請書 [様式第2号]
    • (福祉推進課窓口に備え付けるほか、このページからもダウンロード可)
  • 医療機関の発行した領収書
  • 健康保険証
    • (対象となる児童の加入または加入予定のもの)
  • 振込先がわかるもの
  • 印鑑
  • 加入健康保険から、「高額療養費」や「附加給付」の支給決定があった場合は、その通知などもお持ちください。
 

助成対象となる費用 

  • 助成対象となる費用は、保険適用分の医療費(自己負担分)と、入院時の食事療養費(標準負担額)です。

  

【対象外となる費用】

文書料、健康診断、予防接種、薬の容器代、入院時の差額ベッド代・おむつ代など、保険適用外の費用は対象外となります。

 

一部自己負担について 

  • 助成にあたっては、1医療機関あたり、1日500円以内(月2日限度)の一部自己負担が必要です。
  • 同じ月に複数の医療機関を受診し、一部自己負担金の合計が2,500円を超えた場合は、申請により超過分の払い戻しを受けることができます
    • (翌月以降に「償還払い」の申請をしてください)
  • 同じ医療機関で複数の診療科があるときは、1つの医療機関として計算され、診療科ごとに支払う必要はありません。
    • ただし、歯科入院は、それぞれ別に計算されます。
  • 院外処方の薬剤費食事療養費治療用装具については、一部自己負担金は発生しません。
 

医療証を紛失・破損・汚損したとき 

  • 印鑑医療証(破損・汚損の場合)を持参のうえ、福祉推進課で再交付の申請をしてください。
 

医療証の交付をうけたかたは、次の場合は届出を! 

 次の場合には、印鑑医療証健康保険証(保険変更の場合)を持参のうえ、福祉推進課で資格変更(喪失)の届出をしてください。

  • 加入する健康保険が変わったとき
  • 町内で転居したとき
  • 児童または保護者の氏名が変わったとき
  • 町外に転出するとき
  • 生活保護を受給したとき
  • 他の医療証(障害者医療証、ひとり親家庭医療証)の交付を受けたとき
  • 対象児童が児童養護施設に入所したとき
  • 対象児童が亡くなったとき

 

(注意) 転出などにより受給資格を喪失した場合は、すみやかに医療証を福祉推進課に返還してください。

 
「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない場合は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

お問合わせ先

健康福祉部 福祉推進課(役場1階)
電話075-962-7460・ファックス075-962-5652 

更新日:2019年4月24日

島本町役場

〒618-8570 大阪府三島郡島本町桜井二丁目1番1号
電話:075-961-5151(代表) ファックス:075-962-5156
執務時間:9時~17時30分 休日:土曜日、日曜日、祝日および12月29日~1月3日
役場へのアクセス
ページの先頭へ戻る