平成30年4月から変更された福祉医療費助成制度について

 福祉医療費助成制度は、障害者やひとり親家庭、子どもなどを対象に、医療費の自己負担の一部を助成する制度です。

 このたび、大阪府の制度改正に伴い、平成30年4月1日から、対象者や自己負担などが変わりました。

 

(1)対象者の変更 

<障害者医療>

  • 原則65歳未満だった年齢要件がなくなりました。
    • ただし、精神障害者保健福祉手帳2・3級のかたは、後期高齢者医療の受給者は対象外
  • 新たに、難病患者<特定医療費(指定難病)受給者または特定疾患医療受給者で、障害年金1級または特別児童扶養手当1級に該当するかた>が対象者に追加されます。

<年長者医療>

  • 「障害者医療」と整理・統合することにより廃止されます。
  • ただし、経過措置として、平成30年3月31日時点の年長者医療の受給者は、平成33年3月31日までの3年間は引き続き助成対象となります。
    • 身体障害者手帳1・2級、療育手帳A、療育手帳B1で身体障害者手帳所持、精神障害者保健福祉手帳の所持者は、「障害者医療」に移行します。
    • 難病患者のうち、特定医療費(指定難病)受給者または特定疾患医療受給者で、障害年金1級に該当するかたは「障害者医療」に移行します。
    • ひとり親家庭の児童を養育する65歳以上の父母または養育者は、「ひとり親家庭医療」に移行します。
    • 上記に該当しない自立支援医療(精神通院)受給者、難病患者(旧特定疾患対象者)、結核患者は対象外となりますが、経過措置により、平成30年3月末時点の受給者は、平成33年3月末までの3年間は引き続き助成対象となります。

<ひとり親家庭医療>

  • ひとり親家庭の児童を養育する父または母、養育者の年齢要件がなくなります。(従前は65歳未満)
  • 対象となるひとり親家庭には、裁判所から保護命令が出されたDV被害者を含みます。

<子ども医療>

  • (子ども医療については、特に対象者の変更はありません。)
 

(2)助成対象医療の変更 (各医療共通) 

  • 「訪問看護費」が新たに助成対象となります。

  • 「精神病床への入院費」が原則として助成対象外となります。

    • ただし、経過措置として、平成30年3月31日時点の各医療費助成の受給者は、平成33年3月31日までの3年間は、精神病床への入院費についても引き続き助成対象とします。

    • また、各医療費助成の受給者のうち、精神障害者保健福祉手帳の所持者については、町独自の制度として、精神病床への入院費も助成対象とします。

 

(3)自己負担の変更 (年長者医療・障害者医療) 

「障害者医療」と「年長者医療」の自己負担が次のように変わりました。(子ども医療、ひとり親家庭医療の自己負担は変更ありません。)

  • 1つの医療機関あたり1日500円以内(1つの医療機関あたりの上限日数なし)
  • 院外調剤、治療用装具においても、1日500円以内の負担が必要
  • 月額上限額は、月3,000円まで(月額上限額を超えた金額は償還払い)

<自己負担の変更に伴う今後の取組について>

  • 窓口での立て替え払いの負担軽減を図るため、大阪府において、府内の医療機関・薬局などに対し、各窓口での自己負担額の徴収を月3,000円までにとどめるよう依頼をおこなっています。
  • 償還払いの手続き負担の軽減を図るため、同じ月に複数の医療機関・薬局等で支払った一部自己負担金の合計が、3,000円を超えた受給者に対し、償還払いの申請がなくとも、あらかじめ登録された口座に、超過額を振り込みで還付「自動償還」します。
  • 自動償還は、受給者が支払った医療費について、医療機関等・審査支払機関等を一か月ごとに経由するデータを元に計算します。また、月遅れ請求・大阪府外受診分の償還申請によることもあるため、振り込みは受診月の数か月後になります。
 

お問合わせ先

健康福祉部 福祉推進課(役場1階)
電話075-962-7460・ファックス075-962-5652 

更新日:2018年7月25日

島本町役場

〒618-8570 大阪府三島郡島本町桜井二丁目1番1号
電話:075-961-5151(代表) ファックス:075-962-5156
執務時間:9時~17時30分 休日:土曜日、日曜日、祝日および12月29日~1月3日
役場へのアクセス
ページの先頭へ戻る