軽度難聴児補聴器交付事業 【身体障害者手帳の対象とならない軽度難聴児が対象】

 町では、平成28年度から、身体障害者手帳の対象とならない軽度難聴のお子さんを対象に、補聴器の購入費・修理費などを助成する「軽度難聴児補聴器交付事業」を実施しています。

 対象となるかたはご利用ください。(くわしくは、制度案内をご覧ください。利用を考えているかたは、まずは福祉推進課にご相談ください)

 

対象者 

次のすべての要件をみたす児童

  • 保護者が島本町内に居住する18歳未満の児童
  • 両耳の聴力レベルが30デシベル以上で、「他の補聴器交付制度」の対象とならないこと
    • ただし、市町村民税の所得割額が46万円以上のかたが世帯にいる場合は対象外となります。

<他の補聴器交付制度について>

  • 他の補聴器交付制度としては、次の2つの制度があります。これらの制度の利用手続きについては、福祉推進課にご相談ください。
    • 両耳の聴力レベルが70デシベル以上の場合は、身体障害者手帳を取得して、障害者総合支援法に基づく「補装具費」の支給を受けられる可能性があります。
    • 両耳の聴力レベルが60デシベル以上70デシベル未満の場合は、「大阪府難聴児補聴器交付事業」により、補聴器の購入費の助成を受けられる可能性があります。
 

助成内容・利用者負担 

 補聴器の購入または修理にかかる費用を公費負担するとともに、医師意見書作成のための検査料を助成します。

  • 助成対象経費= 補聴器の購入費または修理費
    • 購入申請の場合は、医師意見書作成のための検査料(初診料・再診料を含む)も助成
  • 補聴器の種類= ポケット型、耳かけ型、耳あな型
    • 附属品を含む。ただし、附属品のみの購入は対象外。
  • 基準額= 障害者総合支援法に基づく補装具費の基準額に準ずる。
  • 利用者負担額= 原則として基準額の1割を利用者が負担。ただし、課税額などに応じて利用者負担上限額を定めています。
    • 利用者負担上限額
      • 生活保護世帯 0円
      • 市町村民税非課税世帯 0円
      • 市町村民税課税世帯 37,200円

(注意) 補聴器の耐用年数は5年です。(購入の申請は5年に1回。耐用年数の期間内は、原則として修理費の申請で対応)

 

申請方法 

補聴器を購入・修理する前に、保護者が福祉推進課に申請してください。

<補聴器購入の場合>

  • 福祉推進課で申請書類一式を受け取る。
    • 申請書類は、このホームページからもダウンロードできます。
  • 「医療機関」で検査などを受け、補聴器交付意見書を作成してもらう。
    • 意見書を作成する医師は、身体障害者手帳の指定医、指定自立支援医療機関(更生医療・育成医療)の医師(いずれも耳鼻咽喉科の医師)となります。
  • 補聴器業者で補聴器の見積書を発行してもらう。
    • 補聴器業者は、あらかじめ町に補聴器交付事業の届出を行う必要があります。
  • 次の申請書類を福祉推進課に提出してください。
    • 補聴器交付申請書 (様式第1号)
    • 補聴器交付意見書 (様式第2号) 【医師が作成】
    • 補聴器業者の見積書 【業者が発行】
    • 検査料請求書 (様式第7号)
    • 医療機関に支払った検査料の領収書

<補聴器修理の場合>

  • 福祉推進課で申請書類一式を受け取る。
    • 申請書類は、このホームページからもダウンロードできます。
  • 補聴器業者で補聴器の見積書を発行してもらう。
    • 補聴器業者は、あらかじめ町に補聴器交付事業の届出を行う必要があります。
  • 次の申請書類を福祉推進課に提出してください。
    • 補聴器交付申請書 (様式第1号)
    • 補聴器業者の見積書
 

申請書類のダウンロード 

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない場合は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

お問合わせ先

健康福祉部 福祉推進課(役場1階)
電話075-962-7460・ファックス075-962-5652 

更新日:2016年4月28日

島本町役場

〒618-8570 大阪府三島郡島本町桜井二丁目1番1号
電話:075-961-5151(代表) ファックス:075-962-5156
執務時間:9時~17時30分 休日:土曜日、日曜日、祝日および12月29日~1月3日
役場へのアクセス
ページの先頭へ戻る