国民年金に加入するとき

20歳になったとき 

 20歳になると、一部のかた(注意1)を除き、国民年金第1号への加入手続きをすることが必要となります。 

必要なもの

  • 国民年金被保険者関係届書 (20歳の誕生日月に年金機構から送付されます。お手元にない場合は役場でご用意いたします。)
  • 印鑑 (認め印)

(注意1)

 厚生年金・旧共済組合等の加入者(第2号被保険者)は届出不要です。また、厚生年金・旧共済組合等に加入している配偶者に扶養されているかた(第3号被保険者)は、配偶者の勤務先に届け出てください。

(注意2)

 20歳になったかたの国民年金第1号への加入手続きに限り、国民年金被保険者届書の被保険者欄の、個人番号(または基礎年金番号)の欄は、空欄のままでも届出可能です。マイナンバーを記入して届出する場合は、写真付きのマイナンバーカード、通知カードと運転免許証などの写真付き身分証1点、通知カードと写真付きでない身分証2点のいずれかの提示が必要になりますのでご注意ください。

 

勤め先を退職したとき 

 勤め先で厚生年金や旧共済組合等に加入している65歳未満のかたを国民年金第2号被保険者といいます。60歳未満の第2号被保険者が退職したときは、国民年金第1号の取得手続きをする必要があります。

 必要なもの

  • 退職した日付が分かる書類(離職票・退職証明書・退職辞令・厚生年金等資格喪失証明書など)
  • 年金手帳(写真付きのマイナンバーカードでもお手続できます)
  • 印鑑

 

 

厚生年金や共済組合に加入している配偶者に扶養されなくなったとき 

 厚生年金や旧共済組合に加入している65歳未満の配偶者(国民年金第2号被保険者)に扶養されている、20歳以上60歳未満のかたを国民年金第3号被保険者といいます。第3号被保険者が配偶者に扶養されなくなったときは、国民年金1号被保険者に変更する届出が必要となります。

扶養されなくなるとき

  • 配偶者が退職したとき
  • 配偶者が65歳の誕生日を迎えたとき(年金の扶養はされなくなりますが、健康保険の扶養は残ります)
  • 第3号被保険者本人の収入が増えて基準額を超えたとき
  • 配偶者と離婚したとき
  • 配偶者と死別したとき

 

必要なもの

  • 扶養されなくなった日付が分かる書類
  • 年金手帳(写真付きのマイナンバーカードでもお手続できます)
  • 印鑑
 

海外から転入したとき 

 海外から転入をするときは、一部のかた(注意2)を除いて国民年金第1号被保険者の加入手続きをする必要があります。

(注意2)

 厚生年金や旧共済年金に加入中のかた(第2号被保険者)や、加入中の配偶者に扶養されているかた(第3号被保険者)については手続きの必要はありません。

 

手続き

  • 住民課で転入の届出を行ってから、国民年金窓口で第1号被保険者の加入の届を提出してください。

 

必要なもの

  • 年金手帳
  • 印鑑    
 

お届出先等 

  • 役場 住民課

    土曜日・日曜日・祝日を除く午前9時から午後5時30分

 

  • 吹田年金事務所(〒564-0082 吹田市片山町2-1-18・電話06-6821-2401)
  • 吹田年金事務所年金相談センター(〒564-0082 吹田市片山町1-3-1 メロード吹田2番館 10階)

    平日(月曜日~金曜日) 午前8時30分から午後5時15分まで

    時間延長 週初の開所日 午後5時15分から午後7時まで

    週末相談 第2土曜 午前9時30分から午後4時まで

 

 

 

お問合わせ先

健康福祉部 住民課 年金担当(役場1階)
電話075-962-7464・ファックス075-962-5652 

更新日:2019年4月26日

島本町役場

〒618-8570 大阪府三島郡島本町桜井二丁目1番1号
電話:075-961-5151(代表) ファックス:075-962-5156
執務時間:9時~17時30分 休日:土曜日、日曜日、祝日および12月29日~1月3日
役場へのアクセス
ページの先頭へ戻る