子ども・子育て支援制度についてのQ&A

 子ども・子育て支援制度についてQ&A方式で説明します。

 

Q1:町の体制はどのようになっているの? 

こども

 平成26年4月1日の機構改革により、教育委員会事務局教育こども部子育て支援課を創設し、子育て支援の窓口一本化を図りました。今後も関係部局と連携し取り組みます。 

 

Q2:子ども・子育て会議でどのようなことが議論されているの? 

 平成27年度から本格実施が予定されている「子ども・子育て支援新制度」の実施に向け、平成27年度から平成31年度を計画期間とする「子ども・子育て支援事業計画」の策定を進めています。
 会議では、各種子育て支援施策等の現状を把握・分析し、保護者ニーズなどを踏まえて、平成27年度から平成31年度のサービス量などの見込みやサービスの確保策などを議論しているところです。

 

にわとり      

 

Q3:利用料はどうなるの? 

入園準備の姿

 新制度の利用にかかる保育料は、現行の負担水準や保護者の所得に応じて決定されます。
詳細は現在、国において議論されているところです。

 

(注意)新制度に移行しない私立幼稚園の保育料に関しては、入園される私立幼稚園が定める  保育料を私立幼稚園へお支払いただきます。

 

Q4:入園・入所手続きはどう変わるの? 

 保育所や新制度へ移行する幼稚園等の利用を希望される場合は、町から保育の必要性の認定(支給認定)を受ける必要があります。その後、認定内容に応じて、各種サービスを利用していただくことになります。
 手続きの詳細につきましては、決まり次第改めてお知らせさせていただきます。

 

虹

 

Q5:待機児童は解消されるの? 

通園する子どもたち

 待機児童の解消は、新制度の目的の一つです。平成26年度に「子ども・子育て支援事業計画」の策定(平成27年度から平成31年度)を進めており、その中で、待機児童を解消できるよう計画策定を進めてまいりたいと考えています。

 

Q6:今の保育所や幼稚園はどうなるの? 

既存の保育所や幼稚園から、認定こども園への移行および私立幼稚園の新制度移行は、運営者の判断によります。
公立の幼稚園については、新制度へ移行することになっています。

 

お花

 

 

Q7:保育所や幼稚園を利用していなくてもサービスの利用はできるの? 

こども2

 共働きなどで保育が必要なお子さんだけでなく、家庭での子育てを中心にされているかたへの支援も継続していきます。

 

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない場合は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

お問合わせ先

教育こども部 子育て支援課(役場1階)
電話075-962-7461・ファックス075-962-0611 

更新日:2014年8月15日

島本町役場

〒618-8570 大阪府三島郡島本町桜井二丁目1番1号
電話:075-961-5151(代表) ファックス:075-962-5156
執務時間:9時~17時30分 休日:土曜日、日曜日、祝日および12月29日~1月3日
役場へのアクセス
ページの先頭へ戻る