読書活動の推進(読書習慣を身につける取組み)

 島本町の各小学校・中学校では、子どもたちが少しでも読書の楽しみかたや読書習慣が身につくように、学校図書館の充実を図るとともに様々な読書活動を実施しています。

 

学校図書館の充実 

 学校図書館(一般に言われる図書室のこと)は、「学校図書館法」(昭和28年法律第185号)において定義されており、学校教育において欠くことのできない基礎的な設備とされ、学校図書館の健全な発達は、学校教育を充実することにつながると考えられています。(「学校図書館法第1条」)

 島本町においては、学校図書館の充実のため毎年各小学校・中学校の図書費を予算に計上しています。平成24年度当初予算においては、総額小学校(4校)223万円、中学校(2校)160万円(千円未満は四捨五入)となっていて、全国の小学校・中学校の図書購入費の平均55万円を大きく上回っています。

 毎年多くの新しい図書を購入することにより、本を手にする子どもたちが増え、年々貸出冊数が増加しています。

 

 子どもたちによりよい読書環境を提供するために、各小学校・中学校では学校図書館の環境整備を適宜行い、子どもたちが進んで学校図書館に足を運び、落ち着いた環境で本に親しむことができるように努めています。

 

図書館の様子(小学校)

図書館の様子(中学校)

読書活動推進の取組み 

  • 全校一斉の読書活動
    • 「全校一斉の読書活動」とは、一部の学年だけでなく、全学年で決まった時間を設定して読書する活動です。島本町の全小学校・中学校で始業前に定期的に実施しています。毎日おこなっている学校もあります。
 

全校一斉読書の様子(小学校)

「朝読書」の様子(中学校)

  • ボランティアの活用
    • 全校一斉の読書活動以外にも、地域のボランティアを活用して「図書の読み聞かせ」「ブックトーク(特定の本を選び、語り手がその本について語って紹介し、聞き手の読書興味を喚起する活動)」「図書コーナー(推薦図書の紹介など)の設置」「目標読書量の設定」など、様々な読書活動をおこなっています。
 

読み聞かせ活動「絵本の広場」(小学校)

読み聞かせ活動「おはなしの森」(小学校)

図書コーナーにある「読書の木」(中学校)

  • 『図書館だより』の発行
    • 学校によっては、定期的に『図書館だより』を発行しています。新しく購入した本の紹介や読書週間の呼びかけ、夏休みや冬休みの前後における貸出・返却についてなど、読書に係る様々な情報を子どもたちに提供しています。
 

  • 島本町立図書館との連携
    • 島本町の全小学校・中学校は、公共図書館である「島本町立図書館」と連携しています。学校で調べ学習を行う際、たくさんの情報を集めることや正しい知識を知ることが大切なので、「島本町立図書館」からの貸出は、とても役立っています。
 

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない場合は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

お問合わせ先

教育こども部 教育推進課(役場1階)
電話075-962-0391・ファックス075-962-0611) 

更新日:2014年4月1日

島本町役場

〒618-8570 大阪府三島郡島本町桜井二丁目1番1号
電話:075-961-5151(代表) ファックス:075-962-5156
執務時間:9時~17時30分 休日:土曜日、日曜日、祝日および12月29日~1月3日
役場へのアクセス
ページの先頭へ戻る