アクセシビリティに配慮したページ作り

 アクセシビリティ(誰もが利用、操作できる環境)に配慮したホームページ作りを心がけています。
 例えば目の不自由なかたが、音声読み上げソフトにより、閲覧されている場合があります。そのようなかたに配慮し、音声読み上げソフトでは正しく解読されにくいテーブル(表)の使用を控えたり、色により情報を表したりということをしないよう配慮し、ホームページを作成しています。

 

音声読み上げソフトを利用されているかたへの配慮の例 

  • 異なる読み方を持つ漢字を使用する場合、音声読み上げソフトでは、ホームページの作成者が意図する読み方をされない場合があります。そのような漢字は、ひらがなで表記するなどの配慮をしています。
    • 「方」という漢字の使用例
      • 読み方・・・「よみかた」と読み上げられます。
      • 保護者の方・・・「ほごしゃのほう」と読み上げられる場合があります。そのため、「保護者のかた」と表記するようにしています。
         
    • 「行った」という表記・・・「おこなった」と意図し使用していても、「いった」と読み上げられる場合があります。そのため、「行なった」と表記するようにしています。
        
  • 省略文字を使用しない
    • 曜日を表すのに、火曜日のことを(火)と書くことがよくありますが、「ひ」と読み上げられる場合があるため、(火曜日)と表記することにしています。
       
  • テーブル(表)の使用を控える
    • 一見、見やすい表も、音声読み上げソフトを使用しているかたには、わかりづらいものです。そのため、表を使用しなくても、伝えることができる情報は、なるべく表を使用しないページ作りを行なっています。 
 

その他の配慮の例 

 目の不自由なかたや、色弱のかたに配慮し、色でしか情報を判別できないページ作りはしないようにしています。
 例えば、「休館日は赤色で塗っている日です」などは、色でしか情報を判別することができないので、行なわないようにしています。

 

 

お問合わせ先

総合政策部 コミュニティ推進課(役場1階)
電話075-962-0372・ファックス075-962-8770 

更新日:2014年4月1日

ページの先頭へ

Copyright(c)2009 Shimamoto Town. all rights reserved.