レジ袋無料配布中止の取組の推進について

 北摂7市3町は平成24年度より、レジ袋削減とマイバッグ持参促進を図るため、自治体、各社スーパーが連携し意見交換会やマイバッグキャンペーンなどを実施してきました。

 このたび、日常の生活や事業活動における環境負荷の軽減に向け、ごみの発生抑制および温室効果ガス(二酸化炭素など)の排出削減を図る契機とするため、レジ袋の無料配布中止などを趣旨とする「北摂地域におけるマイバッグ等の持参促進及びレジ袋削減に関する協定」を締結します。

 広域の自治体と事業者が連携して協定を締結するのは、大阪府内で初めてとなります。

 今後も、更にマイバッグ等の持参促進およびレジ袋削減に関して相互に連携・協働を深め、環境問題対策に積極的に取組みます。

 

北摂地域におけるマイバッグ等の持参促進及びレジ袋削減に関する協定 

レジ袋の現状と協定締結の効果

レジ袋の現状

  • 一人あたりの年間使用枚数は240枚
  • レジ袋1枚(6.8グラム)を作るためには8.2ミリリットルの石油が必要
  • ごみとして焼却した場合、33グラムの二酸化炭素が排出される
     

レジ袋を削減することにより、北摂地域で見込まれる効果(1年あたり)

  • ごみを5,366トン減らすことができます
  • 二酸化炭素排出量を16,863トン減らすことができます

 

(注意)
 レジ袋の現状は環境省ホームページより抜粋しました。
 また、削減効果は、各自治体のごみ組成調査におけるレジ袋混入率の平均値から算出しています。

 

協定締結者

地方公共団体(北摂エリア 7市3町)

  • 豊中市
  • 池田市
  • 吹田市
  • 高槻市
  • 茨木市
  • 箕面市
  • 摂津市
  • 豊能町
  • 能勢町
  • 島本町
     

事業者(9社)

  • イオンリテール株式会社近畿・北陸カンパニー
  • 株式会社阪急オアシス
  • イズミヤ株式会社
  • 株式会社平和堂
  • 株式会社関西スーパーマーケット
  • 株式会社ライフコーポレーション
  • 株式会社ダイエー
  • 株式会社万代(6月4日から実施)
  • 株式会社光洋(6月1日から順次実施)
     
 

スケジュール

協定発効日 平成30年4月1日(日曜日)

無料配布中止開始日 平成30年6月1日(金曜日)〔環境月間〕

 

 

本協定における行政の役割

 各自治体は取組促進のため、定期的に活動状況ならびにマイバッグ持参率およびレジ袋削減率を公表するとともに、事業者が実施する取組を積極的に支援します。

 

協定締結式 

日時 

 平成30年2月18日(日曜日) 午後1時から1時45分
 (注意)終了後マイバッグキャンペーンを実施

場所

 万博記念公園総合案内所前広場(吹田市千里万博公園23-17)
 (荒天時)吹田市資源リサイクルセンター・マルチホール(吹田市千里万博公園4-3)

出席者 

  • 各事業者代表者
  • 各自治体首長
  • 各自治体イメージキャラクター(9体)
  • 吹田市消防音楽隊
 

お問合わせ先

都市創造部 環境課(役場2階)
電話075-962-2863・ファックス075-961-6298 

更新日:2018年2月5日

ページの先頭へ

Copyright(c)2009 Shimamoto Town. all rights reserved.