カラス・ハトなど野生鳥獣への餌やりについて

 緑豊かな本町では、様々な野生動物が見ることができ、市街地においても野生動物が多く見られます。

 しかしながら、人間と野生動物の生活が近くなることにより、思わぬ影響を与えてしまうケースもあります。

 そのうちの一つが、「餌やり」です。公園などを歩いていると、ハトなどに餌をあげている人の姿が見られます。このような野生動物とのふれあいの場面は、一見好ましい光景のように思えますが、様々な問題があります。

野生動物へのむやみな餌やりはやめましょう。

 

  • 人間がハトやカラスに餌を与えると過剰に繁殖し、生態系に被害を与えかねません。
  • 過剰な繁殖の結果、近隣の住宅地などでふん害が発生します。
  • 人間の餌やりに依存し、野生動物本来の習性が変わってしまう可能性があります。

 

お問合わせ先

都市創造部 環境課(役場2階)
電話075-962-2863・ファックス075-961-6298 

更新日:2015年6月5日

島本町役場

〒618-8570 大阪府三島郡島本町桜井二丁目1番1号
電話:075-961-5151(代表) ファックス:075-962-5156
執務時間:9時~17時30分 休日:土曜日、日曜日、祝日および12月29日~1月3日
役場へのアクセス
ページの先頭へ戻る