楠公・待宵小侍従コース

 島本町の歴史の名所を巡るコースです。
 史跡桜井駅跡史跡公園は楠木正成(くすのきまさしげ)が嫡子正行(まさつら)を河内へ帰すことにした「桜井の別れ」の舞台となったことが「太平記」には記されています。
 また、平安末期から鎌倉初期の女流歌人・待宵小侍従は、晩年出家し、桜井に住んだといわれ、墓がこの付近にあったと伝わります。

 

楠公父子の石像
  • 全行程
     約4.1キロメートル
  • 休憩場所
     史跡桜井駅跡史跡公園
  • トイレ
     JR島本駅、阪急水無瀬駅

 

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない場合は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

お問合わせ先

都市創造部 にぎわい創造課(役場2階)
電話075-962-2846・ファックス075-961-6298 

更新日:2014年9月10日

ページの先頭へ

Copyright(c)2009 Shimamoto Town. all rights reserved.