介護保険・保険料の決めかた・納めかた

 介護保険は、「公費」と、40歳以上のみなさんに納めていただく「保険料」を財源にして運営されています。介護サービスを十分に整えることができるように、そして、介護が必要になったときには、誰もが安心してサービスを利用できるように、保険料は必ず納めましょう。

 

65歳以上のかた(第1号被保険者)の保険料 

 65歳以上のかたの保険料は、3年ごとに見直しをおこなっており、現在の保険料は平成30年3月に策定した「第7期島本町保健福祉計画及び介護保険事業計画」で定めています。
 

保険料の決めかた

 計画では、3年間に必要となる介護サービス費用を見込み、この総額を所得段階別の65歳以上のかたの人口で割り戻し、保険料の基準額を決定します。
 この基準額に、所得段階ごとの保険料率をかけあわせることによって、お一人お一人の保険料額を決定します。
 

基準額

  • 島本町の介護保険料基準額(平成30年度から令和2年度)
    年額65,400円
     

段階ごとの保険料(令和元年度)

  • 第1段階
    • 生活保護受給者
    • 住民税非課税世帯かつ老齢福祉年金受給者
    • 住民税非課税世帯で前年の課税年金収入と合計所得金額の合計が80万円以下のかた
      • 保険料(年額) 24,530円(基準額65,400円の0.375倍)

   (国の保険料軽減対策により、保険料率を引き下げた後の金額です。)

  • 第2段階
    • 住民税非課税世帯で、前年の課税年金収入額と合計所得金額の合計が120万円以下のかた
      • 保険料(年額) 39,240円(基準額65,400円の0.6倍)

   (国の保険料軽減対策により、保険料率を引き下げた後の金額です。)

  • 第3段階
    • 住民税非課税世帯で、第1段階・第2段階に該当しないかた
      • 保険料(年額) 47,420円(基準額65,400円の0.725倍)

   (国の保険料軽減対策により、保険料率を引き下げた後の金額です。)

  • 第4段階
    • 本人は住民税非課税世帯だが、住民税課税世帯で、本人の前年の課税年金収入と合計所得金額の合計が80万円以下のかた
      • 保険料(年額) 47,420円(基準額65,400円の0.9倍)
  • 第5段階
    • 本人は住民税非課税だが、住民税課税世帯で、第4段階に該当しないかた
      • 保険料(年額) 65,400円(基準額65,400円の1.0倍)
  • 第6段階
    • 本人が住民税課税で、前年の合計所得金額が120万円未満のかた
      • 保険料(年額) 78,480円(基準額65,400円の1.2倍)
  • 第7段階
    • 本人が住民税課税で前年の合計所得金額が120万円以上200万円未満のかた
      • 保険料(年額) 85,020円(基準額65,400円の1.3倍)
  • 第8段階
    • 本人が住民税課税で前年の合計所得金額が200万円以上300万円未満 のかた
      • 保険料(年額) 98,100円(基準額65,400円の1.5倍)
  • 第9段階
    • 本人が住民税課税で合計所得金額が300万円以上450万円未満のかた
      • 保険料(年額) 111,180円(基準額65,400円の1.7倍)
  • 第10段階
    • 本人が住民税課税で合計所得金額が450万円以上700万円未満のかた
      • 保険料(年額) 117,720円(基準額65,400円の1.8倍)
  • 第11段階
    • 本人が住民税課税で合計所得金額が700万円以上1,000万円未満のかた
      • 保険料(年額) 124,260円(基準額65,400円の1.9倍)
  • 第12段階
    • 本人が住民税課税で合計所得金額が1,000万円以上のかた
      • 保険料(年額) 130,800円(基準額65,400円の2.0倍)

(注意)合計所得金額とは、収入金額から必要経費に相当する金額(収入の種類により計算方法が異なります)を控除した金額のことで、扶養控除や医療費控除などの所得控除をする前の金額です。

    なお、合計所得金額には次のものが含まれます。

  1. 給与所得、事業所得、不動産所得、雑所得(公的年金所得を含む)など
  2. 山林所得金額
  3. 他の所得と区分して計算される所得の金額(分離課税の土地建物等の譲渡所得、申告をした分離課税の株式等の譲渡所得など)   
 

介護保険料の納めかた

 介護保険料は、原則として年金から納めます。年金額によって納めかたは次の2種類に分かれています。第1号被保険者として納める保険料は、65歳になった月(満65歳の誕生日の前日が属する月)の分からです。

  • 年金が年額18万円以上のかた
    「特別徴収」
     年金の定期払い(年6回)のときに、介護保険料があらかじめ差し引かれます。
     
  • 年金が年額18万円未満のかた
    「普通徴収」
     送付される納付書により、介護保険料を町に納めていただきます。
    • 口座振替が便利です
       普通徴収のかたは、手間がかからず便利で安心な「口座振替」が便利です。次のものを持参して金融機関でお手続きください。
      • 介護保険被保険者証
      • 通帳
      • 印かん(通帳の届出印)

 

 年金額が年額18万円以上のかたでも、次のようなときは、「普通徴収」で納付書により保険料を納めます。

  • 年度途中で65歳になったとき
  • 年度途中で他の市区町村から転入したとき
  • 年度途中で保険料額や年金額が変更になったとき
    など
 

40歳から64歳までのかた(第2号被保険者)の保険料 

 40歳から64歳までのかた(第2号被保険者)の保険料は、国民健康保険や職場の健康保険など「医療保険」と合わせて納めていただきます。
 くわしくは、ご加入の医療保険の窓口にお問い合わせください。

 

お問合わせ先

健康福祉部 保険課 介護保険担当(役場1階)
電話075-962-2864・ファックス075-962-5652 

更新日:2019年7月16日

島本町役場

〒618-8570 大阪府三島郡島本町桜井二丁目1番1号
電話:075-961-5151(代表) ファックス:075-962-5156
執務時間:9時~17時30分 休日:土曜日、日曜日、祝日および12月29日~1月3日
役場へのアクセス
ページの先頭へ戻る