介護保険・サービスを利用するまでの流れ

 介護サービスを利用するためには、町に申請して、「介護や支援が必要である」と認定されることが必要です。サービスを利用するまでの手続きの流れは、次のとおりです。

 

申請 

 サービスの利用を希望するかたは、役場・保険課の窓口(役場1階)に「要介護認定」の申請をしてください。

  • 申請に必要なもの
    • 要介護・要支援認定申請書
    • 介護保険被保険者証
    • 主治医意見書
      (注意)島本町、高槻市に主治医(高槻市医師会会員)をお持ちのかたは基本的には、直接主治医に申し出て意見書を作成してもらってください。それ以外のかたは町が直接主治医から徴集します。
    • 番号確認ができるもの
    • 身元(現存)確認に必要なもの

 

  (注意)番号確認ができるもの、身元(実存)確認に必要なものについて、くわしくは下の「マイナンバーの利用が始まります」をご覧ください。

 

要介護認定 

  1. 訪問調査
     心身の状況を調べるために、本人と家族などへの聞き取り調査をおこないます。
  2. 一次判定
     訪問調査の聞き取り結果等を、コンピューターで判定します。
  3. 二次判定
     一次判定の結果と、調査員の記載した特記事項、医師の意見書をもとに、町が開く「介護認定審査会」で、保健・医療・福祉の専門家が審査をおこないます。
  4. 認定
     介護を必要とする度合い(要介護状態)が認定されます。
 

認定結果の通知 

 原則として、申請から30日以内に、役場から認定結果が通知されます。 

介護サービス計画の作成 

認定結果が要介護1から要介護5のかた

 介護支援専門員(ケアマネジャー)のいる事業所と契約のうえ、どのようなサービスをどのぐらい利用するかという「介護サービス計画」を作ってもらいます。

(注1)事業所はご本人やご家族が選んでいただけます。
(注2)次のPDFファイル「指定居宅介護支援事業者一覧」に掲載している事業者以外の事業者でも、申請代行や介護サービス計画の作成は可能です。

 

認定結果が要支援1から要支援2のかた

 地域包括支援センターと契約のうえ、どのようなサービスをどのぐらい利用するかという「介護予防サービス計画」を作ってもらいます。

(注1)一般の指定居宅介護支援事業者と契約することもできます。くわしくは地域包括支援センターにお問合せください。
(注2)次のPDFファイル「指定居宅介護支援事業者一覧」に掲載している事業者以外の事業者でも、申請代行や介護予防サービス計画の作成が可能な場合があります。

 

サービスの利用 

 介護サービス計画や介護予防サービス計画に基づいて、サービスを利用します。原則として、費用の1割、2割または3割が利用者負担となります。

 

要介護認定期間の更新 

 認定の有効期間は、原則6か月(更新の場合は最長36か月)です。
 引き続きサービスを利用したい場合には、有効期間満了前に、「更新」または「変更」の申請をしてください。

 

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない場合は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

お問合わせ先

健康福祉部 保険課 介護保険担当(役場1階)
電話075-962-2864・ファックス075-962-5652 

更新日:2020年3月30日

島本町役場

〒618-8570 大阪府三島郡島本町桜井二丁目1番1号
電話:075-961-5151(代表) ファックス:075-962-5156
執務時間:9時~17時30分 休日:土曜日、日曜日、祝日および12月29日~1月3日
役場へのアクセス
ページの先頭へ戻る