国民健康保険の保険証

 国民健康保険証は、国民健康保険に加入している証明書で、1人に1枚交付されます。医療機関にかかるときに必要になりますので、大切に保管してください。

  • 保険証を受け取ったら、記載内容に間違いがないか確認してください。勝手に書きかえたりすると無効になります。
  • 医療機関にかかるときは、必ず窓口に提示しましょう。
  • コピーしたものや有効期限の切れたものは使えません。
  • 他人との貸し借りはできません。
  • 他の市町村に引っ越したときや、職場の健康保険に加入したときなどは、使えなくなります。古い保険証は、役場保険年金課(役場1階3番窓口)に返却してください。

 

保険証が使えないとき 

  • 病気とみなされないとき
    • 健康診断
    • 集団検診
    • 予防接種
    • 人間ドック
    • 予防注射
    • 正常な妊娠、出産
    • 軽度のわきが、しみ、美容整形や歯列矯正
    • 経済上の理由による妊娠中絶
      など
  • 他の保険が使える場合
    • 仕事上の病気やケガ(労災保険の対象となります)
  • 国民健康保険の給付が制限されるとき
    • 故意の犯罪行為や、故意の事故
    • けんかや泥酔による病気やケガ
    • 医師や保険者の指示に従わなかったとき
 

お問合わせ先

健康福祉部 保険課 医療保険担当(役場1階)
電話075-962-7462・ファックス075-962-5652 

更新日:2014年4月1日

島本町役場

〒618-8570 大阪府三島郡島本町桜井二丁目1番1号
電話:075-961-5151(代表) ファックス:075-962-5156
執務時間:9時~17時30分 休日:土曜日、日曜日、祝日および12月29日~1月3日
役場へのアクセス
ページの先頭へ戻る