交通事故にあったら

交通事故にあった場合は、届出が必要になります。

 

届出について 

 交通事故など、第三者から傷病をうけた場合でも、国民健康保険で医療を受けることができます。
ただし、医療費は、加害者がその治療費を全額負担するのが原則ですので、国民健康保険が一時的に立て替え、あとで加害者に請求します。
 国民健康保険を使って医療を受けるときには、必ず事前に役場1階3番国民健康保険窓口まで必ず届け出て、「第三者行為による傷病届」の手続きをしてください。

  • 申請に必要なもの
    • 保険証
    • 事故証明書(後日でも可)
      (注意)事故証明は警察で発行できます。保険会社が請求している場合がございますので、一度保険会社にお問い合わせください。
    • 第三者行為による傷病届                                           (注意)役場窓口、または申請書ダウンロードより印刷できます。                                                                                                    
    • 印かん

 

 

次の場合は国民健康保険で治療を受けることはできません 

  • 加害者からすでに治療費を受け取っている場合
  • 業務上でのケガの場合
  • 飲酒運転や無免許運転でのケガの場合
 

示談の前には必ず国民健康保険にご相談を 

 届出の前に示談が成立すると、国民健康保険で治療を受けられなくなる場合があります。示談の前に必ず役場1階3番国民健康保険窓口に相談してください。

 

お問合わせ先

健康福祉部 保険課 医療保険担当(役場1階)
電話075-962-7462・ファックス075-962-5652 

更新日:2014年4月1日

島本町役場

〒618-8570 大阪府三島郡島本町桜井二丁目1番1号
電話:075-961-5151(代表) ファックス:075-962-5156
執務時間:9時~17時30分 休日:土曜日、日曜日、祝日および12月29日~1月3日
役場へのアクセス
ページの先頭へ戻る