大阪府で風しんの届出数が増加しています

平成30年夏に、関東地方で風しんの届出数が大幅に増加し、今後、全国的に感染が拡大する可能性を危惧していました。平成30年12月現在、大阪府においても風しんの届出数が増加しています。届出の多くは30歳代から50歳代の男性が占め、この年代においては風しんの抗体価も、低いかたが2割程度存在していることが分かっています。また、妊娠20週頃までの妊婦が風しんに感染すると、出生児が先天性風しん症候群を発症する可能性がありますので、以下の点に留意のうえ、風しんに対する一層の対策をしてください。

  1.  特に30歳代から50歳代の男性は、任意で風しんの予防接種を受けることを検討してください。(ただし、明らかに風しんにかかったことがある、風しんの予防接種を受けたことがあるまたは風しんに対する抗体が陽性であると確認ができているかたを除く)
     
  2.  妊婦への感染を防止するために
     
  • 妊婦の夫、子どもおよびその他の同居家族
     
  • 10歳代後半から40歳代の女性(特に妊娠希望のかた、または妊娠する可能性が高いかた)

は任意で風しんの予防接種を受けることを検討してください。(ただし、明らかに風しんにかかったことがある、風しんの予防接種を受けたことがある、または風しんに対する抗体が陽性であると確認ができているかたを除く) 

 

「風しん予防接種費用の公費助成制度」がありますので、くわしくは、「風しん予防接種費用の公費助成」をご覧ください。

 

 

お問合わせ先

健康福祉部 いきいき健康課(ふれあいセンター1階)
電話075-961-1122・ファックス075-961-1116 

更新日:2018年12月27日

島本町役場

〒618-8570 大阪府三島郡島本町桜井二丁目1番1号
電話:075-961-5151(代表) ファックス:075-962-5156
執務時間:9時~17時30分 休日:土曜日、日曜日、祝日および12月29日~1月3日
役場へのアクセス
ページの先頭へ戻る