生活保護制度について

 「生活保護制度」は、生活に困窮する全ての国民に対し、その困窮の程度に応じて必要な保護をおこない、最低限度の生活を保障するとともに、その自立を助長することを目的とした制度です。

 

生活保護を受けるための要件 

 生活保護は、生活に困窮するかたが、その利用しうる資産、能力その他あらゆるものを、その最低限度の生活の維持のために活用することを要件としておこなわれます。

  • 働ける人は十分に働いていること(能力活用)。
  • 財産や土地などは、原則として処分し、生活費にあてること(資産活用)。
  • 親、兄弟姉妹などの親類で生活に余裕のある人がいれば、その人から援助を受けていただくこと(扶養能力の活用)
  • 年金や失業保険、健康保険など生活保護以外の制度が使える場合は、必ず利用していること(他法他施策の活用)
 

生活保護の手続き 

 生活保護の相談には、生活に困っている本人、または家族のかたが相談に来てください。

 なお、相談は混み合う場合がありますので、生命や健康への影響があるような緊急の場合を除いて、できるかぎり事前に予約をしていただくようお願いいたします。

 

お問合わせ先

健康福祉部 福祉推進課(役場1階)
電話075-962-7460・ファックス075-962-5652 

更新日:2015年4月1日

島本町役場

〒618-8570 大阪府三島郡島本町桜井二丁目1番1号
電話:075-961-5151(代表) ファックス:075-962-5156
執務時間:9時~17時30分 休日:土曜日、日曜日、祝日および12月29日~1月3日
役場へのアクセス
ページの先頭へ戻る