9月は「食生活改善普及運動月間」です。

新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、外出自粛等で自宅で食事をとる機会が増えたり、重症化要因の基礎疾患である生活習慣病の改善、予防への意識も高まっており、食生活改善に関心を持つ人が増えています。

 

厚生労働省では、令和2年9月1日火曜日から9月30日水曜日までの1か月を「食生活改善普及運動月間」とし、「食事をおいしく、バランスよく」を基本テーマとして全国的な展開が取り組まれています。

 

「食事をおいしく、バランスよく」のポスター

あなたも食生活改善に取り組んでみませんか。

日本人に必要な食生活改善のポイントを紹介します。

 

おうちご飯にバランスをプラス 

おうちご飯にバランスプラスのポップ

主食・主菜・副菜をそろえた食事は健康の第一歩

 

体に必要な栄養素をとる秘訣は、この3つを組み合わせて食べることです。

 

主食と主菜と副菜をそろえた食事

【主食】

ご飯、パン、麺などで、炭水化物を多く含み、エネルギーのもととなります。

【主菜】

魚や肉、卵、大豆製品などを使ったおかずの中心となる料理で、たんぱく質を多く含み、体をつくるもととなります。

【副菜】

野菜などを使った料理で、ビタミンやミネラル、食物繊維などを多く含み、体の調子を調えます。汁物も野菜をたっぷり入れると副菜になります。

 

おうちご飯に野菜をプラス一皿 

おうちご飯に野菜をプラス一皿

野菜で健康習慣を手に入れましょう

 

成人に必要な栄養素を摂取できる1日の野菜の量は350グラムです。

健康意識の高まる今、食事に野菜をもう一皿足しましょう。

野菜のチカラを、あなたのチカラに。

 

こちらを参考にご覧ください。

 

おうちご飯でおいしく減塩 1日マイナス2グラム 

1日マイナス2gの減塩

減塩の健康効果はあれもこれも

 

高血圧の改善、脳卒中や心臓病の予防、食べ過ぎを防いで肥満予防、むくみの改善、夜間頻尿の改善も・・・

現在の摂取量からマイナス2グラムを目標にしましょう。

家で料理をする機会が増えた今、

だしや香辛料、減塩食品を上手に使っておいしく減塩しましょう。

 

こちらを参考にご覧ください。

 

健康のための食塩摂取の目標量は、次のとおりです。

  • 男性 7.5グラム未満
  • 女性 6.5グラム未満
  • 高血圧の人 6.0グラム未満

(厚生労働省「日本人の食事摂取基準2020年版」より)

 

しかし、日本人の実際は、男性11.0グラム、女性9.3グラムもの食塩をとっています。

(厚生労働省「平成30年国民健康・栄養調査」より)

 

おうち時間に withミルク 

おうち時間にウィズミルク

牛乳・乳製品で健康生活を

 

20代から30代の3人に1人が牛乳・乳製品をとっていません。

健康を意識した毎日の献立やくらしに、

カルシウムとたんぱく質がバランスよく含まれる牛乳・乳製品をとって

あなたの未来も健康に。

 

こちらを参考にご覧ください。

公益財団法人骨粗鬆症財団 「牛乳を飲んでも大丈夫?」のページへのリンク

 

「新しい生活様式」における栄養・食生活のポイント 

新型コロナウイルス感染症に関わって、栄養や食生活に不安を感じていませんか?

こちらを参考に、バランスの良い食事で健康状態を良好に保ちましょう。

 

 

 

夏の暑さと外出自粛が続き、運動不足になっていませんか。

 

ごろごろしているおじさんのイラスト

健康維持には、バランスの良い食事とともに適度な運動が大切です。

 

ウォーキングは、他の人と一定の距離(2メートル以上)を保てばマスクをはずしても大丈夫です。

家の中や庭などでも、ラジオ体操やスクワットなどの筋力運動で体を動かしましょう。

定期的に体重を量り、適正体重を維持しましょう。

 

体操している人

関連ホームページ 

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない場合は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

お問合わせ先

健康福祉部 いきいき健康課(ふれあいセンター1階)
電話075-961-1122・ファックス075-961-1116 

更新日:2020年9月1日

お知らせ

島本町役場

〒618-8570 大阪府三島郡島本町桜井二丁目1番1号
電話:075-961-5151(代表) ファックス:075-962-5156
執務時間:9時~17時30分 休日:土曜日、日曜日、祝日および12月29日~1月3日
役場へのアクセス
ページの先頭へ戻る