新型コロナワクチン接種後の副反応について

どんなワクチンでも副反応が起こる可能性があります。

多くは接種後数日以内に回復していますが、接種後に気になる症状があったら以下のことを参考にご覧いただき、かかりつけ医に相談しましょう。

 

 

新型コロナワクチンでこれまでに認められている副反応 

注射した部分の痛み、疲労、頭痛、筋肉や関節の痛みなどが見られることがあります。

発現割合 コミナティ(ファイザー社) モデルナ(武田薬品)
50%以上 接種部位の痛み、疲労、頭痛 接種部位の痛み、疲労、頭痛、筋肉痛
10から50% 筋肉痛、悪寒、関節痛、下痢、発熱、接種部位の腫れ 関節痛、悪寒、吐き気、嘔吐、リンパ節症、発熱、接種部位の腫れ、発赤、紅斑
1から10% 吐き気、嘔吐 接種後7日以降の接種部位の痛みや腫れ、紅斑

また、まれな頻度でアナフィラキシー(急性のアレルギー反応)が発生したことが報告されています。

もし、アナフィラキシーが起きた時には、接種会場や医療機関ですぐに治療を行います。

 

ワクチンの安全性と副反応についての詳細は、厚生労働省のホームページをご覧ください。

厚生労働省:「新型コロナワクチンQ&A ワクチンの安全性と副反応について」のページへのリンク

厚生労働省:「新型コロナワクチンの有効性・安全性について」のページへのリンク

 

 

 

副反応への対応方法 

ファイザー社、武田/モデルナ社のワクチン接種後の副反応への対応方法は、こちらのチラシ及び厚生労働省のホームページをご覧ください。

 

厚生労働省チラシ:「新型コロナワクチン接種後の副反応への対応方法」 (PDF:232.5KB)

厚生労働省ホームページ:「新型コロナワクチンの副反応について」

 

接種後の相談窓口 

大阪府新型コロナワクチン専門相談窓口

接種後の副反応など新型コロナウイルスワクチンに係る医学的見地が必要となる専門的な相談

  • 電話番号 06-6635-2047
  • 受付時間 24時間(土曜日、日曜日、祝日も対応)
  • 聴覚障がいのあるかたは以下の番号までファックスにてご相談ください。
    大阪府新型コロナワクチン専門相談窓口ファックス番号 06-6641-0072

 

厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター

  • 電話番号 0120-761770(フリーダイヤル)
  • 受付時間 (土曜日、日曜日、祝日も対応)
     日本語、英語、中国語、韓国語、ポルトガル語、スペイン語 9時から21時
     タイ語 9時から18時
     ベトナム語 10時から19時

 

島本町新型コロナワクチンコールセンター

予約変更やワクチン接種に関する一般的な相談窓口

  • 電話番号 075-962-5811
  • 受付時間 毎日9時から17時30分(祝日を除く)

 

 

予防接種健康被害救済制度について 

予防接種の副反応による健康被害は、極めて稀ですが、不可避的に生ずるものですので、接種に係る過失の有無にかかわらず、予防接種と健康被害との因果関係が認定された方を迅速に救済するものです。

くわしくは、厚生労働省のホームページをご覧ください。

厚生労働省「予防接種健康被害救済制度」のページへのリンク

 

予防接種健康被害救済制度の相談窓口

島本町ふれあいセンター いきいき健康課

  • 受付時間 9時から17時30分(土曜日、日曜日、祝日を除く)
  • 電話番号 075-961-1122

聴覚や音声・言語機能に障害のあるかたはファックス(075-961-1116)でも受付けます。

 

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない場合は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

更新日:2021年9月18日

ワクチン情報

島本町役場

〒618-8570 大阪府三島郡島本町桜井二丁目1番1号
電話:075-961-5151(代表) ファックス:075-962-5156
執務時間:9時~17時30分 休日:土曜日、日曜日、祝日および12月29日~1月3日
役場へのアクセス
ページの先頭へ戻る