児童手当 [中学生までの子どもを養育しているかたが対象]

中学校修了までの子どもを養育するかたを対象にした手当です。

 

対象者 

 島本町に住民登録しているかたで、中学校修了前(15歳の誕生日の後の最初の3月31日まで)の児童を養育しているかた(養育者のうちで所得が高いかた)

  • 原則として、児童が国内に居住している場合に支給します。(児童が留学ため海外に住んでいて、一定の要件を満たす場合は支給対象になります)
  • 父母が離婚協議中などで別居している場合は、児童と同居しているかたに優先的に支給します。
  • 父母が海外に住んでいる場合、その父母が、日本国内で児童を養育しているかたを指定すれば、そのかた(父母指定者)に支給します。
  • 児童を養育している未成年後見人がいる場合は、その未成年後見人に支給します。
  • 児童が施設に入所している場合や、里親に委託されている場合は、原則として、その施設の設置者や、里親などに支給します。
 

所得制限と手当額 

 児童を養育しているかたの所得が、「所得制限限度額」未満である場合に、年齢などに応じて「児童手当」を支給します。また、所得が所得制限限度額以上となる場合も、「特例給付」を支給します。

児童手当 (児童1人あたりの月額)

  • 3歳未満
    • 月額15,000円
  • 3歳以上小学校卒業まで
    • 第1子・第2子 月額10,000円
    • 第3子以降 月額15,000円
      • この場合、「18歳の誕生日後の最初の3月31日までの児童」のうち、年長の児童から順に、第1子、第2子、第3子と数えます。
  • 中学生
    • 月額10,000円

特例給付 (児童1人あたりの月額)

  • 児童を養育しているかたの所得が、所得制限限度額以上の場合は、「特例給付」として、月額5,000円を支給します。
 

支給時期 

  • 原則として、6月、10月、2月の15日に、前月分までの手当を指定の口座に振り込みます。
    • 6月支給= 2月から5月分の手当を振込み (振込予定日:6月15日)
    • 10月支給= 6月から9月分の手当を振込み (振込予定日:10月15日)
    • 2月支給= 10月から1月分の手当を振込み (振込予定日:2月15日)
  • ただし、転出などにより資格が消滅した場合は、その他の月に支払うことがあります。
     
 

請求手続き 

 児童手当の支給対象となるかたは、出生届や転入届を提出されただけでは、児童手当を請求されたことにはなりません。必ず、認定請求などのの手続きをしてください。

(注1) 申請が遅れると、手当を受給できない期間が発生しますので、ご注意ください。

(注2) 来庁が難しい場合は、郵便での申請も可能です。まずは、福祉推進課まで電話などでご連絡ください。

(注3) 公務員のかたは、勤務先での申請となります。

<新規請求>

  出生や転入などにより、新たに島本町で受給資格が生じる場合は、それぞれ次の該当日の翌日から15日以内に、「新規認定請求書」を提出してください。

  • 第1子を出生した場合
    • 該当日: 出生日
  • 島本町に転入した場合
    • 該当日: 前住所地の転出予定日
  • 児童を引き取った場合
    • 該当日: 養育し始めた日
  • 受給者が公務員でなくなった場合
    • 該当日: 公務員でなくなった日

(新規請求時に持参するもの)

  • 印鑑
  • 請求者本人の健康保険証
  • 請求者本人名義の口座番号のわかるもの

<額改定請求> (養育する児童の数が増減する場合)

  第2子以降の出生などにより、児童手当の対象児童の数が増減したときは、それぞれ次の該当日の翌日から15日以内に、「額改定請求書」を提出してください。 

  • 第2子以降の児童を出生した場合
    • 該当日: 出生日
  • 新たに児童を引き取った場合
    • 該当日: 養育し始めた日
  • 児童を施設にあずけた場合
    • 該当日: 施設入所日
 

受給者は、毎年6月に「現況届」の提出を! 

 児童手当(特例給付を含む)を受給しているかたは、毎年6月に「現況届」の提出が必要です。例年、5月末ごろに、町から現況届の書類を郵送しますので、必ず6月中に提出してください。

(注意) 「現況届」の提出が遅れると、6月分以降の手当の支払いが停止されますのでご注意ください。

 

児童手当・特例給付の「受給証明書」の発行について 

 奨学金の申請などのために、児童手当・特例給付の「受給証明書」が必要なかたは、福祉推進課まで「受給証明申請書」により申請してください。

 申請様式は、福祉推進課窓口に設置するほか、このホームページからもダウンロードできます。

(注意)受給証明書の発行には、窓口で申請いただいてから、1週間ほどかかります。

 

こんなときには届け出を! 

  • 他の市町村に転出するとき、島本町内で住所を変更したとき
    • 家族構成などに変更があれば、支給額も変更になる場合があります。
    • 児童のみ住所を変更したときも届出が必要です。
    • 単身赴任などで受給者のみ住所を変更したときも届出が必要です。
      (注意)届出が遅れた場合、手当を受給できない月が発生することがあります。
  • 氏名を変更したとき
    • 受給者の氏名変更に際しては、振込先口座の変更届も必要です。
    • 児童のみ氏名を変更したときも届出が必要です。
  • 振込先を変更するとき
    • 振込日の20日前までに届出してください。
  • 児童を監護(養育)しなくなったとき
    • 児童の別居・死亡などの場合、届出が必要です。
  • 受給者が公務員になったとき
    • 公務員のかたは、勤務先での手続きも必要です。
 

児童手当を寄附することができます 

 児童手当の全部または一部の支給を受けずに、これを町に寄附して、子ども・子育て支援の事業のために活かしてほしいというかたには、簡便に寄附を行うことができる手続きをご用意しています。関心があるかたは、福祉推進課までお問い合わせください。

 
「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない場合は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

お問合わせ先

健康福祉部 福祉推進課(役場1階)
電話075-962-7460・ファックス075-962-5652 

更新日:2019年4月25日

島本町役場

〒618-8570 大阪府三島郡島本町桜井二丁目1番1号
電話:075-961-5151(代表) ファックス:075-962-5156
執務時間:9時~17時30分 休日:土曜日、日曜日、祝日および12月29日~1月3日
役場へのアクセス
ページの先頭へ戻る