小学校区(一部地域)の弾力的運用制度

 教育委員会では、町内の一部地域において、指定された校区内の学校(指定校)以外にも通学可能な校区外の学校(選択校)を定めており、希望される場合には選択校に入学・転入学することができます。

 

対象地域 

小学校区弾力的運用の対象地域

  •  A区域
    • 山崎三丁目1番、2番
    • 指定校・・・第二小学校
    • 選択校・・・第一小学校
       
  • B区域
    • 百山〔1番(1~4号)、2番、3番、5~15番〕
    • 指定校・・・第二小学校
    • 選択校・・・第三小学校
       
  • C区域
    • 若山台二丁目1番
    • 指定校・・・第三小学校
    • 選択校・・・第二小学校
       
  • D区域
    • 若山台一丁目2番、4番、793番地、大字桜井936番地、大字広瀬1098番地
    • 指定校・・・第三小学校
    • 選択校・・・第二小学校
       
(注意)
 B区域については、平成29年4月に一部変更となった百山地区内での転居についての経過措置を設けていますので、くわしくは教育総務課へお問い合わせください。
 

手続きの時期および方法 

 受付時期は毎年1月です。
 (ただし、年度途中に対象地域に転入されたかたを除きます)

 対象地域にお住まいの新入学予定児童の保護者には、12月下旬に教育委員会から、「入学通知書(校区の学校名を記載)」と「町立小学校区(一部地域)の弾力的運用のお知らせ」(手続き方法や時期などを記載)を郵送します。

 校区外の選択校に入学を希望される児童の保護者は、受付期間中(1月上旬)に教育総務課で手続きをしてください。

 

年度の途中に対象地域に転入された場合の手続き 

 年度途中に対象地域に転入される場合は、転入学手続きの際に申請を受け付けます。制度や手続き方法など、くわしくは教育総務課までお問い合わせください。

 

途中学年(2年生から6年生)で制度を利用される場合の手続き 

 制度の対象は、全学年です。途中学年から新たに学校の変更を希望される場合は、受付期間中に教育総務課で手続きしてください(途中学年の児童世帯へのお知らせの郵送は行いません)。

 

その他 

 「校区の弾力的運用制度」の要件に該当されない場合でも、学年途中の転居や仮住まい、特に教育的配慮が必要と認められる場合など、教育委員会が定める基準に該当される場合、保護者の申立てにより通学する学校を変更することができます。くわしくは「指定校変更・区域外就学の手続き」のページをご参照ください。

 

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない場合は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

お問合わせ先

教育こども部 教育総務課(役場1階)
電話075-962-0390・ファックス075-962-0611 

更新日:2017年4月1日

島本町役場

〒618-8570 大阪府三島郡島本町桜井二丁目1番1号
電話:075-961-5151(代表) ファックス:075-962-5156
執務時間:9時~17時30分 休日:土曜日、日曜日、祝日および12月29日~1月3日
役場へのアクセス
ページの先頭へ戻る